365日年中無休、安心の24時間対応、電話044-855-1855

荼毘葬だびそう(直葬)プラン

大和葬祭センターの荼毘葬(直葬)プランご案内

火葬のみでお別れする最もシンプルな送り方

荼毘葬(直葬)は、病院など亡くなられた場所から火葬場へ直接搬送し、お通夜や告別式を行わないで火葬のみでお別れする最もシンプルな送り方です。
法律上、亡くなられてから24時間経過しないと荼毘(火葬)を行うことはできないため、実際にお送りするのは翌日以降となります。

ご希望により柔軟に対応いたします

実際のご火葬まで、ご本人のご遺志やご家族のご希望により、一度ご自宅へお帰りになられたい場合には柔軟に対応いたしますのでご安心ください。また、火葬場の霊安室は、ご家族が付き添うことはできないので、ゆっくりお別れをされたい場合は、一度ご自宅へお帰りになられることをおすすめいたします。
ご事情によりご自宅へお連れできない場合は、当社にてご安置室をご用意しておりますのでお問い合わせください。

荼毘葬(直葬)プランの内容

荼毘葬(直葬)プラン例

  • ご搬送・ご納棺

    ご連絡をいただきましたら迅速に病院、またはお亡くなりになられた場所まで寝台車でお迎えにあがります。病院では長時間のご遺体安置はできませんので、搬送し、旅支度を整えてお棺に納棺いたします。

    プランに含まれるもの

    • 寝台車

      寝台車(病院からご安置場所)

    • 諸手続き

      諸手続き(役所・病院)

    • ドライアイス

      ドライアイス

    • お打ち合わせ

      お打ち合わせ

    • お棺(桐製棺)

      お棺(桐製棺)

    • 仏衣

      仏衣

    • お棺用布団

      お棺用布団

    • 納棺式

      納棺式

  • ご火葬

    ご出棺、寝台車で火葬場へ搬送いたします。最後のお別れの後、荼毘(火葬)が行われます。約1時間程で収骨を迎えます。

    プランに含まれるもの

    • 霊柩車

      寝台車(火葬場へ)

    • お別れ花

      お別れ花(お盆花・小タイプ)

    • ご火葬料

      ご火葬料

    • 骨壺・骨箱

      骨壺・骨箱

上記プラン例の費用について
項目 内容 料金(税別)
基本料金
※当社にお支払いいただく費用
搬送・装具(付帯品)料 189,000円
実費でのお支払い 火葬料(非課税) 4,500円
葬祭費合計 193,500円
  • 上記は桐山形棺をご用意したプランとなっております。
  • 上記費用には消費税は含まれておりません。また、火葬に関する費用は非課税となります(川崎市民・かわさき北部斎苑利用の場合)。
  • 装具(付帯品)料は時期により変動することがあります。
  • 火葬まで2日間として算出しております。

別のプラン例の費用をみる

荼毘葬を行う際の注意点

菩提寺様にお墓をお持ちの方は、お寺に相談しないで火葬のみの荼毘葬を行うのはやめた方がよいでしょう。お寺では宗教儀式は執り行うべきであるとの考えがあるため、相談もなく火葬してしまうとお墓に納骨させてもらえない場合もあります。
また、ご家族だけのご判断で荼毘葬を行われると、親戚や友人・知人に理解を得られない場合もあります。ご家族だけでなく、故人さまとおつき合いのあった方々にとっても、お別れの場をもつことは、亡くなられたことを受け入れ、心を整理する機会にもなります。
亡くなられたことを後から知らされた方々は、荼毘葬終了後とはいえほとんどが弔問にいらっしゃいます。お心遣いは有り難いことですが、弔問客への対応でご家族が疲れきってしまう可能性もあります。故人様がご親戚や友人・知人、ご近所とのおつき合いを大切にされていた場合、お葬式を行うほうがあとあとのご負担は少ないかもしれません。

お葬儀ワンポイント
  • もともと葬式は、「葬儀」と「告別式」という2つの言葉がひとつになったものです。
    葬儀とは亡くなられた方を無事にあの世に送り届けてあげる宗教的儀式のことを指し、告別式は故人と生前に交流のあった方々が参列してお別れを告げる儀式のことです。
    一般的に葬式とは、葬儀と告別式の内容を一体化して行うことをいいます。

    葬儀と葬式の違い

  • お棺の始まりは日本においては縄文時代の亀棺(土器)だといわれています。近年、火葬が主流になると座棺から火葬に適した寝棺が多く使われるようになり、時代とともに形状や材質も変化してきました。
    大切な故人を保護し、丁重に弔うお棺は祭壇とともに重要な装具のひとつです。天然木棺・布張棺・桐張棺(合板製)など、さまざまな種類のお棺がありますので、故人のことを思いながら選定されるのもいいでしょう。

    お棺について

プランのご案内